« 名作認定 「どうも、DSです」 | メイン | パイレーツ オブ カリビアン -ワールド エンド- »

2010年4月 8日 (木)

前の持ち主には同情… 「みずいろブラッド」

Mb_pake
 以前から気になっていた「みずいろブラッド」を中古屋で見つけて買った。シュール系ミニゲーム集のくせに、「エンディングが泣ける」と評判。なんじゃそりゃ。

 さっそくプレイしてみると、予想を上回るカオスな世界観に圧倒された。キャラは「太鼓の達人」のデザイナーが手がけており、見た目だけはいたってかわいいのだが、主人公がロボ、先生が牛、友達がカマボコという謎に満ちた組み合わせ。
Mb_narto1
↑こいつなんか、顔もないのにボイスはあるんだぜ。
18039_20070611_mizuiro_07
↑巨大で一つ目のお母さん。それでいて優しい声と日常的なゴハン。
Default
きっとシュマゴラス(上の画像)の親戚に違いない。

 さて、中古で買ったので、このゲームには前の持ち主のデータが入っていた。プレイヤー名は、女の子の名前と、パパとなっていた。そして悲しいことに、どちらのデータもクリアどころか、ほとんど遊んだ形跡がない
 かわいそうに。きっとかわいい絵にひかれて、小さい子がパパに買ってもらったものの、つまらなくて売ってしまったのだろう。
 実際、このゲームのギャグはかなり先鋭的で人を選び、時としてブラックな風刺もあり、小さい子供が喜べるものではない。何よりミニゲームの内容が、極端に文系。反射神経より国語力がいるので、これまた幼い子供にはつらい。漢字の問題で、これなら小学生でも出来るな、と楽勝こいていたら、後半に読めないものがいくつも出てきて驚いた。
 レーティングがA(全年齢)になっているのも、こうなってくると善し悪しで、パッケージに〈文系女子向け〉と入れとくとか、もうちょい対象ユーザーを伝える工夫をするべきではなかったか。私は非常に楽しめているが、見知らぬ前の持ち主にかなり同情している。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358337/23825280

前の持ち主には同情… 「みずいろブラッド」を参照しているブログ:

コメント

みずいろ、プレイして頂きありがとうゴザイマス!
なかなかに難産だった裏側とかを想像して頂きつつ遊んで頂ければ……

>ヨコオさん
 つい先ほど、エンディングに到達しました! 面白かったです。
一見、簡単に作れそうに見えますが、
手書き認識と、言葉判定の辞書がすごいと思いました。
当方、もじぴったんも大好きですので、もっとこういう文系ゲームが
増えてほしいものですね。

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング