« 「アイマス」は三流のビジネス | メイン | 文化の壁がそびえ立つ 「L.A.NOIRE」その2 »

2012年7月 1日 (日)

「カルドセプト」その1 セプター再教育

 3DS版「カルドセプト」を購入。本体発売前から期待していたタイトルが、ようやく手に入った。ドリームキャスト版以来のプレイとなるので、実に10年ぶりのセプター復帰となる。

Culdcept_1

 開発は、シリーズ生みの親である大宮ソフトが直々に手がけるが、初の任天堂ブランドでの販売となったせいか、初心者にずいぶん優しくなった。
 特に、お勧めの一手を示してくれるアシスト機能。ソーシャルゲームで、お勧めされるままに決定ボタンを押していれば先に進める、というやつがよくあるが、まさしくそんな感じである。カルドセプトなのに自分で考えないなんて! 古参セプターとしてはすぐにオフにしようか、と思う機能だ。
 しかし、しばらく見ていると、考え方がわかってきてハッとさせられる。例えば、敵の領地を踏んだとき。私なら戦って勝つことを優先しがちだが、アシスト機能は、無抵抗に通行料を払う代わりに、通過した自分の領地をレベルアップすることを選ぶ。また、ドライに自領を見捨てることが多々あり、こういう冷静さが自分のプレイには欠けていたのだな、と気付かされた。
 これは公式による再教育である。慣れたセプターの諸兄にも、時々アシストを見ることをお勧めする。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358337/29304183

「カルドセプト」その1 セプター再教育を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング