« 「THE LAST OF US」に心が折れる その4 | メイン | 「ファイアーエムブレム 覚醒」で娘の指摘に弁明 »

2013年7月20日 (土)

インデックスの事業譲渡でアトラスが投げ売り

はちま起稿:インデックスが事業譲渡へ。

 先日、民事再生となったインデックスが、いよいよ事業譲渡へと動き出した。負債を返すための投げ売りである。アトラス以外も含むが、その額は150億規模とのこと。
 だが、会社の値段なんて考えたこともないので、これが高いのか安いのかどうにもピンとこない。そこで、似たような事例を調べて比較してみた。

●モノリスソフトの場合
 任天堂がバンダイナムコからここを買収した時の金額は3億

●K2の場合
 カプコンがここを子会社化した時の買収額は6億

●THQの場合
 THQは北米の大手メーカー。倒産し、今年1月に資産売却が行われた。ビッグタイトルをいくつも抱えるこの会社の競売の総額は65億(200万ドル)。

 以上より結論。インデックス高すぎ。アトラスの譲渡先もなかなか見つからないんじゃないだろうか。こういうのは売れないとなったら、値下げされるのかもしれないけれど。 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358337/31733253

インデックスの事業譲渡でアトラスが投げ売りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング