« 「サイコブレイク」は意外にオールドスタイル その5 | メイン | ベイマックス »

2015年1月12日 (月)

「アイドルマスター シンデレラガールズ」第1話

 大ヒットソーシャルゲームのアニメがついに放送開始。プレイヤーの一人だが、恐る恐る録画した。まず、女の子がキャッキャウフフしてるだけのアニメになったら目も当てられん。かと言って、チャラいプロデューサーが主役のハーレムものになるのも嫌だ。
 ところが実際に観てびっくり。

Imas01

地味で無口で強面のオッサン。誰も想像しなかった、不審者一歩手前のプロデューサーがそこにいた。これは面白い。アイドルよりこいつの行く末が気になってしまう。
 第1話は、島村卯月と渋谷凜だけを丁寧に描き、ゲームを知らない視聴者に配慮。これがドラマだ、と言わんばかりの直球のストーリーが展開した。
 メンバーがそろわないので、卯月は毎日、「今日は何をしたら?」「レッスンをお願いします」というやり取りを繰り返す。これが、ゲームで淡々と「お仕事」ボタンを押し続けるのを、再現しつつ批判しているように感じた(笑)
 意外に骨のある内容になりそうで、今後に期待が高まった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358337/33123817

「アイドルマスター シンデレラガールズ」第1話を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング