« 「銃夢火星戦記」1巻 | メイン | 世界イカ革命「Splatoon」 その3 »

2015年6月 7日 (日)

さくまあきらが「桃鉄」終了宣言。どうする小島監督?

『桃鉄』騒動、コナミは終了否定したが……さくまあきら氏は「さよなら、桃鉄」

 全くもう次から次へと… コナミ側が中途半端にごまかそうとするからこうなる。「ウチはもうコンシューマやりませんので」と宣言してしまえば、コジプロ解散もサイレントヒルズ中止も、会社がこんな方針では仕方ない、で済むというのに。
 そして、コナミが「桃鉄」騒動をおさめるために出したプレスリリースがまたひどい。

『桃太郎電鉄』シリーズの制作について、お客さまにご心配をおかけしております。
同シリーズは、多くのファンの皆様からご支持頂いていると共に、弊社も長年かけて育ててきた大切なタイトルですので、今後も続けて参りたいと思っております。
次回作をどのような形で提供できるかについては、さくまあきら氏と話し合いを続けておりますが、残念ながらまだ結論が出ておりません。
一日も早く、ファンの皆様に喜んでいただける作品をお出ししたいと思っておりますので、引き続き同シリーズをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

誰に向けた定型文だ。ムカつくので本音を勝手に予想して書き直す。

『桃太郎電鉄』シリーズの制作について、外野がやかましいのでリリースを出す。
同シリーズは、多くのファンの皆様からご支持頂いており、弊社がハドソン吸収時に取得した貴重なIPなので、今後もソーシャルやらパチスロやらで有効に利用したい。
次回作をどのような形で提供できるかについては、さくまがゴネているので面倒くさいが、残念ながらIPを手放すつもりはない。
一日も早く、ファンの皆様に課金していただける作品を出したいと思っているので、引き続き同シリーズが出るのを待ってほしい。

 IP(版権)だけキープして開発者を放出、というのは経営的には正しいかもしれんが、開発者もシリーズのファンもないがしろにした、ろくでもない態度だ。ソーシャル出身の経営者は、あいかわらず従来のゲームへのリスペクトが欠けているということか。
 ともかく、残ったスタッフが面白いゲームを作り続けられる環境があるのかどうか、今後が見ものである。
 小島監督の口から、「メタルギア」終了宣言を聞く時が近づいてきた。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358337/33429085

さくまあきらが「桃鉄」終了宣言。どうする小島監督?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング