« 「オーディンスフィア レイヴスラシル」は決して高価くない その4 | メイン | アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ略称デレステの経過報告 »

2016年2月28日 (日)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 その2

 思いつくままにあれこれと。

●レイの食糧事情
 スター・ウォーズの楽しさと言えば、世界観を表現する数々のガジェット。乗り物とか宇宙人とか動物などです。今回はBB-8がその代表となるのでしょうが、私の目をくぎ付けにしたのは未来のパンでした。
 水でかき混ぜたらメロンパンみたいなのが出来るの。何あれ欲しい。レイの貧しさを表現する場面なので、まずそうな色ではあったけど、面白すぎます。

以下は、ネタバレや続編の推測を含むため注意

●続編ゲームのノリ
 ストーリーに関しては、多くの人が言う通り、EP4をリメイクしたかのような流れ。
 デス・スターは一撃で惑星を一つ消し去って見せましたが、スターキラーはもっとでかく、複数の惑星を一度に壊滅させます。なんてわかりやすいパワーアップ(笑)
 主要キャラクターはうまく一新されており、ポーは戦闘機のパイロット、フィンはストームトルーパー。これまでのシリーズに登場してはいたが、人物として描かれていなかった役職のキャラにスポットを当てているのが見事です。
 繰り返す物語に新しいキャラクター、ということで格闘ゲームの続編もののようなノリを感じます。

●アクションシーン
 サービス精神旺盛に、スター・ウォーズらしいアクションの数々が盛り込まれているのですが、明らかに物足りないのがチャンバラ成分。
 それもそのはず、レイはジェダイとしての訓練をまだ何一つ受けておらず、天性の勘だけでライトセイバーを操っています。対するカイロ・レンもダース・ベイダーに遠く及ばない未熟な悪役です。続編において双方が成長し、剣戟がパワーアップしていくのを待つのが正しい楽しみ方と思われます。

●残された謎
 そもそもレイの素性が不明です。
 カイロ・レンとルークの間に何があったのでしょう。なぜルークは身を隠したのでしょう。
 帝国が滅びてから、ファースト・オーダーが力を持つまでの顛末は?
 最高指導者のスノークとは何者でしょう。巨人のように見えましたが、単にホログラフが大写しだっただけなんでしょうか。
 そして何より、今作から観始めた人には、フォースとは何なのかさっぱりわからなかったのではないでしょうか。ご安心ください。シリーズ全部観ていてもわからない人だらけです。
 何にせよ、続きを待つ楽しみがあるというのは幸せなことですよ。

回顧性 10
娯楽性 9
音楽性 9
個人的総合 8

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358337/33749175

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング