« 一般人お断り?! 「PLATINUM DEMO FINAL FANTASY XV」 | メイン | 「Life Is Strange」が地味~に面白い その1 »

2016年4月 9日 (土)

リップヴァンウィンクルの花嫁 その1

 全国の映画賞関係者の皆さん、黒木華に主演女優賞を!

 「リップヴァンウィンクルの花嫁」、観るのにこれほどハードルの高かった映画も珍しい。
 まず第一に、岩井俊二監督作品であること。その作風にあまりいい印象を持っていなかった私が、なぜわざわざこの映画を観に行ったのかというと、やはり一昨年のドラマ「なぞの転校生」が良かったことが大きい。
 第二に、事前情報の少なさ。ネタバレを避けるどころではない。そもそも公式サイトにストーリーが載っていないのだ。あるいは、事前に原作小説を読むのが当たり前、ということなのだろうか。
 第三に、長さ。上映時間が3時間に及ぶので覚悟がいる。
 第四に、上映館の少なさ。大阪という都市圏にしてわずか2館のみの公開。さらに当日、大阪駅周辺が工事中で、いつもの道が塞がっているというおまけつき。
 いや~、観るまででもう大変だった。これで映画がハズレだったら目も当てられない。

 ありがたいことに観る価値があった。面白いとかつまらないとかいう尺度を飛び越えて、すごいものに遭遇してしまった、と感じた。
 黒木華、主体性がなく翻弄される主人公を見事に演じた。ヒロインっぽい見た目の女優にはこの役はつとまらない。綾野剛、変幻自在の詐欺師がこれ以上ないはまりっぷり。今後はCMで見ても一切信用しない。脇役もことごとく味を出しており、紀里谷和明の扱いのひどさは特に良かった。
 物語も、現代社会の暗部を切り取って見せる前半から、力技でファンタジーに持ち込む後半まで、油断ならない変化球をばんばん投げ込んでくる。大きな事件もアクションも一切ないが、主人公とともに人生の大嵐に投げ込まれる大作だ。

黒木華演技力 10
綾野剛演技力 10
万人受け度  1
個人的総合 8

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358337/33792745

リップヴァンウィンクルの花嫁 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング