« 「The Tomorrow Children」その1 右も左も建国者 | メイン | METAL GEAR SURVIVEに非難殺到、どうする小島監督? »

2016年9月22日 (木)

東京ゲームショウ2016、肝心のゲームは延期

 先週の東京ゲームショウ、VRゲームの試遊で大いに盛り上がったようですね。
 だが、しか~し! この盛り上がりに水を差すけしからん事態が。それは、注目タイトルの相次ぐ延期です。

FINAL FANTASY XV

 まず先陣を切って延期したのがファイナルファンタジー。このお知らせはダメですわ。わずか6分のスピーチの中で、「延期します」と言ったのが4分後。まず結論を述べよ、というスピーチの基本に沿っていません。不祥事を隠蔽したい、という会見ではこういう流れになりやすいんですよね。「最高品質」を目指す、という言葉の裏で、何か重大な不具合があるのではないか、と疑わせてしまいます。

グランツーリスモSPORT

 続いては、延期常連のグランツーリスモ。PSVRに対応したタイトルの中では最も期待されているだけに、2017年内という大幅な延期は罪深いです。「リリース日が近付くにつれて、完璧な『グランツーリスモSPORT』を産み出す為には更なる時間が必要になると悟った」というコメントは不自然。間に合わないことを主張する開発と、VRの発売に近いタイミングで売りたい営業とで、相当な綱引きがあったであろうことは容易に想像できます。

人喰いの大鷲トリコ

 止めにトリコ。ファイナルファンタジーの延期発表とは対照的で、「開発の最終段階で予想以上のバグが発生」というバカ正直にもほどがある延期理由となっています。一か月ちょいの延期で、年末商戦には間に合わせるつもりらしいのですが、予想以上のバグがたったそれだけの期間でどうにかできるのでしょうか、予想つきません。

 東京ゲームショウには、例年任天堂は参加せず、XBOXもすっかりやる気を失っています。従って、ソニー率いるPS陣営が盛り立てていくしかないのですが、そのビッグタイトルがこの有様ではいけません。もっと確実に完成するめどが立ってから発売日を決定してほしいものです。ユーザーはお金だけじゃなく、遊ぶ時間も用意して待っているんですから。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/358337/33945555

東京ゲームショウ2016、肝心のゲームは延期を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング